So-net無料ブログ作成

バイクカバーを新調しました [旅の相棒 鉄馬SRX]

 この間は、久々に関東平野部にも大雪が降りましたね。

 このような寒い季節のあいだは、わが家の愛馬SRX号は、ただひたすら暖かい季節の訪れを待つことになります。

 屋根つきのガレージに大事に保管してあげたいのはやまやまなのですが、そのような境遇には恵まれず、バイクカバーをかけて野ざらし状態で風雪に耐えてもらっています。

 そんなSRX号を少しでも労わってあげるべく、バイクカバーを新調することにしました。これまで使っていたバイクカバーの劣化が進み、とうとう破けてしまったから、というのがその理由だったりするのですが。

 これまで使っていたバイクカバーは、厚手の透湿素材を使ったものでした。かなりお値段も張った、と記憶していますが、リーズナブルなビニール製のカバーに比べて、水弾きもよく、値段相応の働きはしてくれていたかな、と思います。とはいえ、長年(たぶん二年くらい)の紫外線や酸性雨の攻撃は凄まじかったようで、次第に表面が荒れてきて、最後はびりびりっと裂けてしまいました。

 というわけで、同じカバーを買ってもよかったのですが、お値段が張ったという記憶が強く、もう少しリーズナブルなものはないかと探して、今回はこちらの製品にすることにしました。

srxCover2014_01.jpg
今回使用することにしたバイクカバー

 メーカー:B-Style(?)
 品名:究極のバイクカバー(?)

 以前使っていたカバーが透湿素材を全体に使っていたのに対し、こちらは、透湿素材は上面にのみ使われています。見た感じ、この透湿素材は、以前使っていたカバーと同じもののように思えます。透湿素材の使用量を少なくして、値段を抑えた、といった商品のようですね。
 メーカー名に聞き覚えがないのが少々不安だったのですが、製造元が”平山産業”となっていて、平山産業さんのホームページを見てみると、自転車から車まで、いろいろなカバーを作っているメーカーさんのようなので一安心。こちらのOEM商品といったところなんでしょうかね。
 平山産業さんのホームページを見ていて、以前まで使っていたカバーは平山産業さんの製品"透湿防水カバー"であったであろうことが判明しました。道理で、今回購入したカバーの透湿素材が前回のものと酷似していたわけですね。

srxCover2014_02.jpg
文字通り"風雪に"耐えるSRX号

 さて、暖かくなるまで、これでしばらく辛抱してね、愛馬SRX号。

←こちらの楽天市場のページから買うことができます




スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました