So-net無料ブログ作成
旅の雑記帳 ブログトップ
前の3件 | -

イノダコーヒ [旅の雑記帳]

 もう10月だというのに、10月とは思えない暑さが続いていて、ドライブやツーリングに最適なシーズンの到来!とはいかないようような日々が続いていますね。

 前回、ふらっと行ける”いきつけの○○”的な場所について記事にしましたが、私が”いきつけの○○”と言って思い浮かぶのは、”京都のイノダコーヒ”だったりします。

 わが家のゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、がまだまだ元気で、いろいろとドレスアップに勤しんでいた頃は、よくその手の雑誌を読み漁っていたものでした。

 そんな雑誌の中で、新車を手に入れるとまずは京都のイノダコーヒまで往復してくる、というのを習慣にしている、みたいな記事を目にした記憶がありました。

 いまとなってはどの雑誌だったかは覚えていないのですが、LE VOLANT(ル・ボラン)系の雑誌だったような気がします(『VWゴルフ・ファン』だったかな)。

 この夏にゴルフ号で京都に出かけた際、ふとそのことを思い出し、せっかくなのでそのイノダコーヒに寄ってみたのでした。

 
drive_inoda_coffee_00.jpg
レトロな外観とその隣の京都っぽい雰囲気の建屋を持つイノダコーヒ

 そうして立ち寄ったイノダコーヒは、地元の奥様方と思われるお客様や観光で来ているお客様方で大盛況で、店の外に列ができるほどでした。

 ここイノダコーヒでは、ミルクと砂糖を入れて提供することに拘りがあるようです。私は普段コーヒーはブラックで飲むのですが、ここではミルク砂糖入りで注文したせいもあってか、もともと味覚が鋭くない私には、残念なことにその味への拘りはあまり判らなかったのでした。

 埼玉県在住の私にとっては、さすがに京都にふらっと来ることはないので、やはりもう少し身近な所に、”行きつけの○○”を見つけられたらいいなと思いました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

いきつけの○○ [旅の雑記帳]

 わが家にモンスター号、DUCATI モンスター400、がやってきてから数カ月が経とうとしています。
 時間を見つけては、モンスター号に跨ってふらっと出かけてはいるのですが、最近はどこを目的地に走ったらいいか迷っています。


 埼玉県在住の身としては、秩父は比較的アクセスしやすい峠道なのですが、いかんせん到達地点としての「目的地」を見つけられないでいます。

 R299 → 道の駅あしがくぼ → R140 → バイク弁当 大滝食堂

 などは比較的よく利用するルートですが、最近はR299もR140も混雑していることが多く、快適に流せなくて、私の中ではややこのルートの魅力が薄れてきています。

 <R140 → バイク弁当 と辿ったときの記事はコチラ

 奥多摩なんかは、私にはちょっと難易度の高い奥多摩周遊道をはじめ、R411、R139などルートの選択肢も多く、最近は奥多摩ルートの方が走っていて楽しい気がしています。
 なのですが、いかんせん、到着地と定められる点を見つけられないでいます。走っている分には楽しいのですが、ひたすら走り続けて帰路につく、そんなことになることが多いです。

 <奥多摩のツーリングルートを走りまわったときの記事はコチラ

 というわけで、ふと思い立ったときに、ふらっと立ち寄れる「いきつけの○○」的な場所があるといいなと思うようになりました。

 以前、茨城の山の中にコーヒー&蕎麦屋さんを見つけて、何度か行ったことはあるのですが、茨城の北の方だったので、ちょっとふらっとというには遠いかなあ。

touring_ibaraki_coffee_00.jpg
茨城の山中にひっそりと(?)佇んでいた蕎麦&コーヒー屋さん

※千葉にも以前教わったカフェがあるので行ってみたいと思ってはいますが、未だ行けず。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

最近のお気に入りカーワックス [旅の雑記帳]

 漸く灼熱の夏が終わり、ドライブやツーリングに最適のシーズンとなってきましたが、天気に恵まれない週末にがっくり肩を落とす日々が続いているような気がします。

 天気がぐずついて、雨足が遠のいていくようなこんな天気の時は、なぜか洗車がしたくなりませんか。ボディを濡らす手間も省けることですし。というわけで、今回は最近お気に入りのカーワックスをご紹介したいと思います。


 固形ワックスは、洗車後車を完璧に拭きあげてから、ワックスを塗り込み、それをこそげ落とすように磨きあげる、というものが多く、手間と時間が非常にかかるため、私は使用していません。拭き残したワックスの粉が、エンブレムなど細かい隙間に残ってしまいがちなのも、私が固形ワックスを使わない理由です。でも、最近の固形ワックスは進化しているのかもしれませんが。

 というわけで、わが家にゴルフ号、フォルクスワーゲン ゴルフ3、がやって来てからこれまで使用してきたワックスは、液体ワックスで洗車後の拭きあげが必要なく、濡れたままで施工できるものを使用してきました。

 当初はGoldGlitterを愛用していました。

 GoldGlitterは結構気に入っていたのですが、当初は入手性が悪く、輸入車のパーツを取り扱っているショップなどでしか手に入らなくて、何年かして別のものを使うようになりました。今でしたら、ネットショッピングで簡単に手に入るので、また機会があったら試してみたいなと思う製品です。

↑こちらはAmazonへのリンクになります

 次に落ちついたのが、、、あれっ、なんだったっけかな、名前を忘れてしまいました。

 こちらはオートバックスといったカー用品店で比較的容易に手に入れられて、これも気に入って比較的長く使用していたように思います。うーん名前が思い出せない。だいぶ前に、ユニクロとコラボしてティーシャツになっていた気がするのですが。
 このあと別のカーワックスに乗り換えたのですが、なんで別のカーワックスを使うようになったんだか、理由は忘れてしまいました。これももう一度使ってみたいと思わせるような製品だったと思います。

 その次に落ち付いたのは、ブリス。

 比較的最近まで使っていました。ブリスは施工後は、ボディがつるつるになったのが、手で触っても判るように感じました。なのですが、若干お値段がお高いので、コストパフォーマンス的にはどうなんだろうと思うようになり、ここからカーワックス流民となってしまうのでした。

 ゼロウォーター(シュアラスター)
 悪くはないんだけど、良くも感じず、1回使いきるまでのお付き合いでした。

 スムースエッグ(SOFT99)
 ゼロウォーターと比べたらコチラの方がよいかな、と思いつつも、1回使いきって、次の製品を試すことにしました。

 そうして辿りついたのが、

 スマートミストキズ消し撥水タイプ(シーシーアイ)
 こちらも普通にホームセンターで手に入れることのできるカーワックスです。
 施工も、洗車後、濡れたままのボディにスマートミストをスプレーして、塗り拡げるように拭きあげるだけ。

carwax_CCI_00.jpg
スマートミストでワックスがけしたゴルフ号

 と、ここまではこれまで挙げたカーワックスと同じようなものなのですが、このスマートミストを使って驚いたのは、雨の高速道路を走った時です。
 ボンネット上に水滴が玉になり、その小さい玉が次々とくっついて大きな玉になり、やがてはボンネットの傾斜にそって滴り落ちる、というのが普通の感じですが、60km/hを超える辺りから、ボンネットを滴り落ちず、ボンネット上に留まるようになり、速度が上がるに従って、ボンネット上を駆け上がってくるのです!
 この光景に気づいた時は、思わず笑ってしまいました。自分ながら、変なツボだとは思いますが。

carwax_CCI_01.jpg
もうすぐ25年選手とは思えない水弾きのいい肌です

 これはスマートミストに限ったことではなく、これまで使ってきたワックスでも起きていて気付いていなかっただけのような気もしますが、ちょっと面白かったので、しばらくはスマートミストを使い続けることになりそうです。

↑こちらはAmazonへのリンクになります

 真面目なコーティング性能的には、簡単に水洗いだけした時でも撥水効果が残っている確率が高いように感じられました。
 ガラスに使用してもよいようで、フロントガラスには積極的に使っていないのですが、フロントガラスの撥水コートと同じような効果が感じられ、フロントガラスにゴシゴシするタイプの撥水コートを使うよりはお手軽でいい気もします。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の3件 | - 旅の雑記帳 ブログトップ