So-net無料ブログ作成

モンスター キミにきめた! [旅の相棒 鉄馬モンスター]

 愛馬SRX号、ヤマハ SRX400、を不動車にしてしまい、新しい相棒を探す日々が続いていましたが、ようやく新しい相棒と出会うことができました。

 新しくわが家に迎えるのは、

 ドゥカティ モンスター400

 です。


 これまで細身のスレンダーなSRX号に乗ってきたので、スレンダーな400ccネイキッドを探していたのですが、最近の400cc市場は元気が無く、また横置き4気筒エンジンが主流で、なかなか琴線に触れる車種が見つからないでいました。

 細身の車種を選ぶとなると、エンジン構成は、単気筒か、縦置きツインの中から選ぶことになりそうな予感はしていました。

monster400_00.jpg
新たな相棒 モンスター号

 こうして選んだモンスター400はL型ツインエンジンなので想定通りだったのかなと思います。

 ただ、全体として”細身”かというと微妙で、鋼管トレリスフレームの上にどっかと構える燃料タンクは、かなりボリューミーな外観を呈しています。

 スレンダー美人だったSRX号に対して、モンスター号はグラマラス美人、といったところでしょうか。

 モンスターシリーズは現在も続いていますが、400は日本仕様で既に絶版となっており、相変わらず部品供給などに不安を残すところではありますが、これからはモンスター号と共に野山を駆け巡っていきたいと思っています。



nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

nice! 4

コメント 2

HIRO

こんにちは。
購入おめでとうございます。
自分もSRX-6(3SX:セル付きモノサスの最終型)から、モン吉に替えました。
テールやウィンカーの形状から、FIになった頃のモデルかと推察致します。
タンクは、ボリューミーだけど、ハンドルをセミコンチを短くして、ビキニカウル付けたら、前から見たら250ccに見えるとか言われたり(笑)
日本車と違って、一寸手が掛かりますが、信頼出来る所で、しっかり初期化してから、楽しんでください。
by HIRO (2019-08-04 09:26) 

hal

おっと、HIROさんGTIだけではなく、なんとSRX→MONSTERまでかぶっていましたか!
御推察の通り、わが家のモンスター号はFIで2004年式なので、FIになった頃のモデルとなりますね。
前オーナーの手によって、ハンドルが若干短くアップライトになっていて、しかもS2Rのモノっぽいビキニカウルもついているので、SRX号の時のように、やっぱり250ccに見えるのですね(笑)。
暑くてなかなか乗れていないですが、ツーリングシーズンに向けて慣らしていこうと思っています。
by hal (2019-08-09 00:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。