So-net無料ブログ作成

私とSRX号 [旅の相棒 鉄馬SRX]

 愛馬SRX号、ヤマハ SRX400、は転倒をきっかけにエンジンが焼き付いてしまい、また部品ももう供給されていないことから、不動車となってしまいした。
 これからどうしようかぼんやりと考える日が続いています。


 取り得る選択肢は以下の三つかと考えていました。

 1.中古のエンジンを見つけてもらって乗せ換えてもらう
 2.現SRX号とはお別れして、中古のSRX号を見つけて、乗り換える
 3.SRXを諦め、別の鉄馬に乗り換える

 しかしながらお世話になっているバイク屋さんには1.は難しいと言われてしまいました。
 詳しく聞いてみると、信頼のあるところから引き取ったエンジンがあれば問題ないのですが、実質オークションサイトで手に入れるしかなく、状態を確認できないエンジンを購入するのはリスクが高い、とのことでした。
 動作していました、と言われても、嘘は言わないと思うので動作はするのでしょうが、やはりエンジン音を確認しないと、安心できないとのことでした。
 資金が潤沢にあれば、片っぱしから取り寄せて、載せてみて動かしてみて、という手が取れるかもしれませんが、残念ながら私にはそのような余裕はありません。

 というわけで、選択肢は以下の二つに絞られました。

 2.現SRX号とはお別れして、中古のSRX号を見つけて、乗り換える
 3.SRXを諦め、別の鉄馬に乗り換える

 私としては、これまで苦楽を共にしてきた今の個体としてのSRX号に乗り続けたかったのですが、それが叶わなくなってしまったいま、別の中古のSRX号を見つけるか、別の車種の鉄馬を選ぶか。

 SRXの細身のシルエットに魅かれて購入したのが、20年以上も昔の話。

 乗っているうちに、シングルの鼓動を感じながら、自然の中を駆け回る楽しさを教えてもらいました。
 あのシングルの、生命の鼓動に似たあのエンジンを抱いて再び走りまわりたい。

 そういう想いがあるので中古のSRXを見つけることに粗方傾いていましたが、これを機に、別の車種に乗り換えてみるのも、また新たな世界が開けていいもんだよ、という知り合いの言葉に少し心が揺れていたりもします。

 もう少し、考えてみることにしたいと思います。

srx_0001.jpg
SRX号との最初の写真 神奈川県の山中にて





nice!(1)  コメント(0)