So-net無料ブログ作成

ツーリング 奥多摩三昧! [旅の足跡]

 いつの間にか関東地方も梅雨が明けたようですね。
 
 例年だと、うだるような暑さの夏の間は、愛馬SRX号、YAMAHA SRX400、でのツーリングには行かないのですが、照りつける日差しの中、自然の中へ駆け出してきました。


 出かけた先は、久々の奥多摩。

 埼玉県住まいの私にとって、それほど遠くなく適度にワインディングを楽しめるツーリング先、と考えたときには、今回の奥多摩と秩父がそれらに相当するツーリング先だと思っています。

 そんな奥多摩と秩父ですが、ここのところ秩父にばかり出かけることが多かったので、今回は久々に奥多摩方面に足を伸ばしてきました。

touring_Okutama_00.jpg
奥多摩周遊道 浅間尾根駐車場(だったような)での一コマ

 奥多摩へはR411青梅街道でアクセスするのが最も一般的かと思いますが、R411はそこそこ交通量もあり、快適に流せないことが多かったと記憶していたので、今回は県道33号檜原街道を使ってアプローチすることにしました。

 この県道33号檜原街道は、途中から奥多摩周遊道路と名を変え、バイクの練習をする人が多く訪れるところのようです。
 私が訪れたときも、そんな練習目的に訪れているライダーらしき人を多く見かけましたが、不必要に煽られるようなこともなく、マナー良く走行していたように思います。

 風張峠を越えて奥多摩湖に下るとR139に合流するので右折し、すぐに現れる深山橋で奥多摩湖を渡ってR411に合流、そこを左折して山梨方面に向かいました。

 ここらあたりに来るとR411の交通量もそれほど多くなくなっており、快適に山道を駆け抜けることができます。
 ここから標高を上げていくと柳沢峠に到着します。柳沢峠にはお茶屋さんがあるので、お茶屋さんの湧水コーヒーをいただきながら一服。
 ここから富士山が望めた気がしたのですが、私の記憶違いか、それともこの日は雲が多かったせいか、遠方は見通せませんでしたが、強い日差しの割には湿度の低い空気の中、爽快な景色を堪能することができました。

touring_Okutama_01.jpg
夏を彷彿とさせる、沸き上がる白い雲

 このあと、R411を下り、裂石温泉付近で県道201号へ左折、大菩薩峠へのアプローチ道路を東に進み、大菩薩湖を眼下に見ながら県道218号を南下してR20甲州街道に合流します。

 このままR20を東に向かってもよかったのですが、地図を見るとR20では長いトンネルで笹子峠をくぐってしまうようだったので、R20を西に向かい、右手に見えるガソリンスタンドの向かいの道に左折し、県道212号を南下して笹子峠に向かいました。

 こちらの道を使っても、結局笹子峠はトンネルでくぐることになるのですが、木立の中を駆け抜けるこのような道を通る方が、自然を満喫できるような気がします。

touring_Okutama_02.jpg
雰囲気のある笹子峠のトンネル

 笹子峠を越えるとR20に合流し、R20をしばらく東に進んで、大月過ぎるころからR139を北上し、再び奥多摩に向かい、奥多摩湖で合流したR411を今度は右に折れ、R411を東に向かい青梅に抜けて帰路についたのでした。

 どんだけ奥多摩が好きなんだ、というまさに奥多摩三昧なツーリングを満喫した一日でした。

ルートラボで見る奥多摩三昧ツーリングのルートマップ


 久々に出かけた奥多摩は、新緑というには遅い季節でしたが、梅雨明けの緑が目にまぶしい、とても清々しいツーリングコースでした。奥多摩周遊道、R411、R139は道幅もそれなりにあり、センターラインの引かれた道路だったので、ワインディングも安心して走ることができる快適な道路でした。また暇を見つけて、駆け出しに来たいと思います。


nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。