So-net無料ブログ作成

雪山滑走16-17シーズン終了 [旅の雑記帳]

 さて、だんだんと暖かくなってきましたね。たんばらやかぐらなど、まだオープンしているゲレンデもありますが、私の16-17シーズンの雪山遊びはもう滑り納めをしてしまいました。

 今シーズンは、寒さのあまり布団から抜け出せず、雪山に向かうのを断念してしまうことが多く、ほとんど滑りに行くことができないシーズンとなってしまったのは残念です。

 今シーズンに滑りに行ったゲレンデは、以下の3つのスキー場になります。

 H:水上宝台樹スキー場
 P:パルコール嬬恋
 S:菅平高原スノーリゾート

16-17シーズンに遊ばせてもらったスキー場


snow1617_Hodaigi.jpg
水上宝台樹スキー場からの眺め


 水上宝台樹は、都心からほど近い群馬エリアの中では、幅が広い緩斜面をもつゲレンデ、だと思っています。同じ群馬エリアでは、たんばらも同様に幅が広い緩斜面があるのですが、たんばらは激混みなのでついつい足が遠のいてしまっています。

 <前回たんばらに行った時の記事はこちら

 パルコール嬬恋は、個人的には晴天率が高いと思っているゲレンデだったのですが、今回は生憎の天気、というより途中から雨になってしまい、板も走らず、早々に切り上げてきてしまったのでした。

 <前回のパルコール嬬恋の様子

 そして、今シーズンの締めくくりは菅平。

snow1617_Sugadaira.jpg
菅平高原


 都心からはちょっと距離がありますが、晴天率もよく、奥ダボスゲレンデは、だだっ広い緩斜面が広がっていて、初心者にもお勧めのゲレンデだと思います。

 年々、雪山滑走に出かける回数が減ってきていますが、また来年も遊ばせていただきたいと思います。

 今シーズンも楽しませてくれてありがとうございました。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました