So-net無料ブログ作成

関ヶ原・飛鳥 歴史探訪 ~関ヶ原から飛鳥へ~ [旅の足跡]

 この間のGWに、わが家のワーゲンバス、レイトバス号で出かけた、関ヶ原・飛鳥 歴史探訪の旅。
 今回は、その旅のメインイベントとなる、関ヶ原の旅を紹介します。

driveAska06.jpg
道の駅池田温泉 の朝

 前夜にぬるぬるの湯の池田温泉に浸かって、そのまま道の駅池田温泉で一夜を明かし迎える朝は、まぶしい朝日につつまれ、この日も楽しい旅になりそうな予感でいっぱいに。
 軽い朝食を済ませた後は、道の駅が混雑する前に道の駅を後にし、いよいよ関ヶ原に向かいます。

 道の駅池田温泉から、関ヶ原にある関ヶ原町歴史民俗資料館までは10kmくらい。まずは歴史民俗資料館で関ヶ原の歴史について簡単にお勉強した後は、ここでもらったパンフレットを片手に、関ヶ原の史跡めぐりに繰り出します。
 歴史民俗資料館でレンタサイクルをやっていたのですが、わが家が行った時はすでにすべて貸し出し中となってしまっていて、徒歩での散策となりました。しかし、結果からいうと、徒歩での散策でよかったと思っています。烽火場から決戦地までのコースなど、何箇所か自転車では乗り入れられない場所もあったので、そういったところも通れたのがよかったかな、と思っています。ただし、時間はそれなりにかかりましたけどね。

driveAska07.jpg
笹尾山 石田光成陣跡

 開戦地や決戦地、岡山の烽火場や笹尾山の石田光成陣跡など、4時間近く歩いて、じっくりと関ヶ原散策を堪能しました。こうして歩いてみると、各武将の陣地は山の麓に構えられており、山から見下ろして戦況を見ながら切り込むタイミングを見計らう、そういった感じで戦いが繰り広げられていたのかと、思いを馳せることが出来ました。ここ関ヶ原は、周囲を小山に囲まれている地理条件から、そういった戦いがしやすいと推測され、なんとなくここが決戦の場になったことがわかるような気がします。

driveAska08.JPG
関ヶ原散策 拡大画像(詳細は、下のグーグルマップを拡大してみてください)

 関ヶ原を堪能した後は、次の日の飛鳥探索に備え、名神高速を南下して京都経由で奈良を通過し、最終的には京阪国道沿いの、はり温泉ランドで温泉に浸かり、道の駅針テラスで一休みすることにしました。

関ヶ原散策、飛鳥へのルート



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 4

石川源

ブログを拝見させていただきました。
レイトバスもお持ちなんですね
私も71年式に3年4万km乗りました。たくさん壊れて大変でしたが、最後は自分で修理してました 笑 その後78年式ビートルに3年乗り 空冷は楽しかったです また、将来、いい玉みつけて乗りたいなんて思ってます。その時はゴルフは売らずに維持したいです
波乗りが趣味なんで、距離乗ってしまうので、消耗が速いのかも いやいや友人からは、飽きがはやいと、言われてます(^.^)
by 石川源 (2014-06-07 20:15) 

hal

波乗りですと、バスや空冷ビートルは画になりますね。
わが家でも、距離を走る時はやはりゴルフ号の出番の方が多いですね。移動にかかる時間が違いますからね。
それでもやっぱり空冷には空冷の楽しさもあるので、是非また空冷を手に入れて楽しんでください、ゴルフとともに。
by hal (2014-06-09 00:26) 

石川源

hal様

ゴルフワゴンは最終モデルのワゴンです。完成された年式ですが、16年前の個体なので、センサー類をチョコチョコ変えてるのと、コイルが駄目になってエンジンがかからなくなった時はビックリしました。空冷の時でもエンジンがかからないのは、アイシングくらいでした。1気筒プラグごとぶっ飛んで爆発した時は、エンジン燃えると汗ったことはありました それでも また空冷は乗りたいですね 71年式レイトバスといきたい所ですが、今は高値で手が出ないため、クーラー付きのアルティマエデションあたりにします。メキビーは邪道かも知れませんが、ドイツものはゴルフワゴンを大切に維持します
by 石川源 (2014-06-10 00:04) 

hal

コイルの突然死はうちのゴルフ号も経験しました。首都高で不動となったので焦りました。ビートルもいいですよね。代車で乗ったことがあるのですが、思わず欲しくなってしまった記憶があります。
by hal (2014-06-21 07:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました