So-net無料ブログ作成

ワーゲンバスで行く北海道 ~七日目 その1~ 札幌-函館 [旅の足跡]

 わが家のワーゲンバス、レイトバス号で行く北海道旅行、いよいよ終わりが近くなってきた、七日目です。

 明日、函館港からフェリーに乗って北海道とお別れする予定なので、今日は函館に向かいます。

 道央自動車道を使って苫小牧経由で函館に向かう、というのが一般的かと思いますが、高速道路を走り続けるだけというのは結構しんどいので、R230を通って洞爺湖方面に抜けることにしました。

driveHokkaido7-01.jpg
中山峠

 洞爺湖に向かうR230の中山峠にある、「道の駅 望羊中山」。その名から想像するに、羊蹄山を望むことができそうなのですが、ご覧のとおりの厚い雲に覆われていては、その姿を拝むことはできません。ここの名物らしい「あげいも」をいただいたら、再び函館を目指します。

driveHokkaido7-02.jpg
洞爺湖 中島

 R230をひたすら南下すると、遠くに中世の城のような建物が見えてきます。洞爺湖サミットで有名なウィンザーホテルですね。というわけで、折角なので洞爺湖の畔で一服。

 洞爺湖を過ぎると、R230は内浦湾にぶつかって消滅してしまうので、その手前の虻田洞爺湖ICから道央自動車道に乗って、一気に函館までの距離を詰めます。

driveHokkaido7-03.jpg
豊浦噴火湾PA併設の展望台から内浦湾を望む

 途中、豊浦噴火湾PAにハイウェイオアシスがあるようなので立ち寄ります。PAから少し歩いて「豊浦町噴火湾展望公園」に寄ってみました。展望台からは、噴火湾と呼ばれる内浦湾を望むことができました。その他に、遊具が少しと、散策コースが少し。長閑な公園内を歩いてPAに戻り、一路函館へ。

 ここでもやはり、北海道の大きさを痛感。走れども走れども、なかなか函館に着かない。それでもようやく渡島半島を走りきると、まずはトラピスト修道院を見に行きました。
 
driveHokkaido7-04.jpg
トラピスト修道院

 緑に囲まれた修道院、清々しい気持ちにさせられます。

driveHokkaido7-05.jpg
トラピスト修道院の並木道に佇むレイトバス号

 お土産にバターやバター飴を買い込んで修道院を後にします。

 そして、はるばる来ました函館。
 ここ函館では、五稜郭近くに宿をとっていたので、ここにレイトバス号を停めて、市内見学に向かいます。

driveHokkaido7-06.jpg
五稜郭


driveHokkaido7-07.jpg
あれに見えるは函館山

 五稜郭タワーに上って、五稜郭を俯瞰した後、向こうに見える函館山を目指して、市街地へ向かいます。

ワーゲンバスで行く北海道~七日目~ルート

北海道旅行 Day7 310km


スポンサーリンク



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました